面接通過率を確実に上げる!面接官は「今」よりも「未来」を見る

Webエンジニアの転職での面接通過率を上げる

書類選考は通るのに、面接で落とされる・・・。そんな悩みを持っている人は、今一度、自分の面接の取り組み方を見直してみましょう。面接で採用されるためのテクニックを紹介します。

Webエンジニアの転職での面接通過率を上げる

自分の経歴と入社後のイメージを頭に叩き込む

いつも面接で落とされてしまうのですが、対策などはありますか?
パターンとしては、技術スキルや経験をきちんと面接官に伝えられていないということが考えられます。また、その人を採用したら、会社にとってどんなメリットがあるのか、入社後にどのような活躍が期待できるか、というイメージがわくような回答ができていない可能性も高いです。

入社後のイメージは自分でも分かりづらいですよね?
確かにそうかもしれません。一番、簡単なのは、即戦力になれるということをアピールすることです。中途採用の場合、面接官は即戦力として期待できるかどうかを必ず見ています。今までの経験などを踏まえて、入社したらどういう分野でどのような活躍ができるか、まず整理してください。

ということは、事前準備も大切ということですね?
もちろんです。職務経歴書に書いてあることを確認するのも、面接では重要なことです。職務経歴書に書いてあることと、面接での回答に食い違いがあっては、なかなか採用してもらえません。また、履歴書にはあまり多くの情報を書くことはできないので、面接でここを聞かれたらこう答えるといったものを事前に考えておき、実践ではすらすらと答えられるように頭の中を整理しておきましょう。

受け答えは、できるだけ具体的に回答すること

事前準備でおさえるポイントは何ですか?
より、具体性を持たせることを意識してください。
面接官は、あなたのことは全く知りません。どのような会社で仕事をしていたのか、どのような部署だったのか、など。
仕事の内容や、技術的なことを伝えるのは当たり前ですが、そういった環境などをわかりやすく伝えられる人は多くはありません。何も知らない面接官が、あなたの今まで働いてきた状況を具体的にイメージできるような回答を考えておきましょう。

一次面接と二次面接があるところもありますが、二次で気をつけることはありますか?
二次面接では、会社の役員など、重役が面接官として対応します。そういう人たちは、年配であることも多いので、いつも以上に身だしなみに気をつけてください。また、技術的な内容など、細かいことはほとんどの役員は、知りませんし、期待していません。スキルや経験をアピールするのは、一次までです。二次では、将来、未来の話をしてください。キャリアビジョンやキャリアマップといった類の話です。気をつけたいのは、ただ、漠然とこうなりたい。偉くなりたいなどといった幼稚なことは言わないことです。なぜそうなりたいのか、そうなるためにどういうプランを持って働いていくのか、など、説得力のあるアピールが絶対条件です。

なるほど・・・そこまで一人で考えるのは大変そうですね。
そうかもしれませんね。面接対策というよりも、自分自身の将来のための自己分析と捉えれば、自分の経歴を棚卸しして、将来のプランを具体的に考えてみる良い機会だと思いませんか?考えが整理できたら、あとはどう表現して伝えるかです。転職エージェントは、もちろんそのような悩みも聞いてくれますし、二次面接の対策などもやってくれます。具体性があって、情熱が伝わるかどうかは、実際に人に話すとすぐにわかります。自分の考えたことが他人にはどう伝わるか、どう評価されるかなど、転職エージェントに客観的に判断してもらうと良いでしょう。こういうことは、自分ひとりではなかなか気付きにくいことですので、上手にプロであるエージェントの力を借りましょう。